Shooty

『苦しみの丘』を取り壊しへ

KOFA

2020/06/04 18:30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

ドイツメディアの『キッカー』や『ビルト』が報じたところによると、ヴォルフスブルクは伝説の『苦しみの丘』を取り壊したいと考えているようだ。

ヴォルフスブルクの練習場には、『Berg der Leiden(苦しみの丘)』と呼ばれる階段&坂がある。

これはリーグ優勝を果たすこととなった08/09シーズン、当時のフェリックス・マガト監督が150万ユーロをかけて作らせたものだ。
しかし、2012年以降は使用されておらず、1つの記念碑的な扱いとなっていた。


『Berg der Leiden(苦しみの丘)』は以下のような作りとなっている。

●スプリント用の2つの坂。

 長い坂(65 m)は斜度10度、短い坂(18 m)は斜度24度。

 ちなみにスキーの上級者コースの斜度は20度後半。

●その横にはバランスとコーディネーションのための3つのジャンプ用の階段。

 段差の高さは20cm、30cm、50 cm。

ヴォルフスブルクでマネージャーを務めるヨルク・シュマトケ氏は、「この丘は取り壊される可能性が非常に高い。今年か来年かはまだ決まっていない」とコメント。跡地には小さなフィールドを作ることが検討されているようだ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています