Shooty

セルヒオ ラモスはレアル・マドリード史上最高のスペイン人選手?

KOFA

2020/07/30 12:00

2020/07/29 20:01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

セルヒオ ラモスは2005年の加入以来、レアル・マドリードの歴史の中で最も成功した選手の一人となった。

セルヒオ ラモスは、ラ・リーガ優勝5回、チャンピオンズリーグ優勝4回を含む、22個のトロフィーを獲得している。

『マルカ』が、レアル・マドリード史上で最も偉大なスペイン人選手8人を挙げている。

(※スペイン生まれが対象。アルフレッド ディステファノはレアル・マドリード時代にスペイン国籍を取得したが、生まれはアルゼンチン)

パコ ヘント

1953年から1971年までレアル・マドリードでプレー。
その間に、ラ・リーガ優勝12回とチャンピオンズカップ優勝6回を含む23個のトロフィーを獲得。
レアル・マドリードでは600試合に出場し、180ゴールを記録した。

ラウール

1990年代、ラウールの出現により、レアル・マドリードは新たな黄金時代を迎えた。
1994年~2010年までの16年間、ラウールはチャンピオンズリーグで3度の優勝を果たし、2度の決勝で得点を記録した。
レアル・マドリードでは741試合に出場し、323ゴールを記録した。

イケル カシージャス

レアル・マドリード史上最高のスペイン人ではないにしても、カシージャスはクラブ史上最高のGKであることは間違いない。
1999年~2015年までの間、カシージャスはレアル・マドリードで725試合に出場し、チャンピオンズリーグ優勝3回、ラ・リーガ優勝5回。

エミリオ ブトラゲーニョ

ブトラゲーニョは、ミチェル、マノーロ サンチス、マルティン バスケスらと共に、キンタ・デル・ブイトレの一員として、レアル・マドリードのラ・リーガ5連覇とUEFAカップ2回の優勝に導いた。

ピッリ(ホセ・マヌエル・サンチェス)

ピッリは、レアル・マドリードのために全力を尽くすことの意味を体現していた。
1964年~1980年までの間、ピッリはレアル・マドリードで561試合に出場し、172ゴールを記録。
1965/66季にはチャンピオンズカップを制覇した。

アマンシオ

1965/66年季のチャンピオンズカップ決勝でゴールを決めたマンシオは、右ウイングのポジションからドリブルとゴールを狙う嗅覚でその名を轟かせた。
アマンシオは、1960年代~70年代にかけていくつかのラ・リーガのタイトルを獲得するなど、レアル・マドリードの成功に大きく貢献した。

リカルド サモラ

GKとして1930年代にレアル・マドリードでプレーし、クラブ史上初のリーグタイトルを獲得したチームの一員として活躍した。
今季のラ・リーガでは、ティボー・クルトワがサモラの名を冠した賞を獲得するなど、スペインサッカー界の伝説的な人物である。

ホセ アントニオ カマーチョ

カマーチョは、1973年~1989年までの間、レアル・マドリードで577試合に出場し、9回のタイトルを獲得した。
カマーチョは、フアニート、サンティジャナ、ミゲル アンヘル、ビセンテ デルボスケらの時代に在籍し、レアル・マドリードで多くの成功を収めた。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています