Shooty

フォシュベリは移籍させない

KOFA

2020/07/20 11:55

2020/07/19 16:55

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

ライプツィヒは、スウェーデン代表FWエミル フォシュベリに対して移籍禁止令を出したようだ。

ライプツィヒは20日から、8月のチャンピオンズリーグ、そして新シーズンに向けての準備を始める。

そして、そこではフォシュベリがライプツィヒにとって再び重要なファクターとなるはずだ。

フォシュベリは、ライプツィヒでの19/20季の後半戦では出場機会が限られており、移籍を考えていた。

だが、ライプツィヒはこれを認めず、マルクス クレーシェSDは「我々は来シーズンのエミル(フォシュベリ)に完全に信頼を置いている」とコメント。

「彼はコロナ危機による中断中も病気で不運に見舞われていた。エミルは優れた選手だし、間違いなく我々を助けてくれるだろう。特にこれからのシーズンは3日に1度のペースで試合があると感じているからね。彼は我々のプランにおいて重要な役割を果たしてくれている」と語っている。

クレーシェSDやユリアン ナーゲルスマン監督は、フォシュベリが特にシーズン前半戦のビッグゲームで常に頼りになる存在であったことを理解している(今シーズンのチャンピオンズリーグでは8試合で4ゴールを記録)。

しかし、そのためには昨夏にラルフ ラングニック前監督が去って以来失われていたフォシュベリへの信頼と暖かさが必要だ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています