Shooty

ハキミとトナーリの獲得を決めたいインテル

KOFA

2020/06/29 10:40

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

モロッコ代表DFアシュラフ ハキミのインテル加入が近づいていると『ガゼッタデッロスポルト』が報じている。

ハキミの保有権を持つレアル・マドリードはインテルが提示した4500万ユーロの移籍金で同選手の移籍を認めることになるという。

インテルのジュゼッペ マロッタCEOはハキミを巡る交渉に多くの時間を割いていたが、次はブレシアのイタリア代表MFサンドロ トナーリ(20歳)との交渉に臨むことになる。

トナーリの保有権を持つブレシアのマッシモ チェリーノ会長の要求は5000万ユーロだが、インテルは可能な限り移籍金を減額したいと考えている。

チェリーノ会長は5000万ユーロ以下での売却を避けたいと考えているが、ブレシアのセリエB降格が近づいていることで立場を弱めつつある。

そこでインテル側はこの機に乗じて3500万ユーロほどでトナーリを獲得しようと考えているという。

トナーリにはユヴェントスも関心を寄せているが、今のユーヴェはバルサのアルトゥールとの交渉に集中している。

インテルはこの局面をトナーリ獲得の好機であると考えているようだ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています