Shooty

ミラン、パウロ ソウザの招聘も視野に?

KOFA

2020/06/09 00:15

2020/06/08 16:44

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

ミランがラルフ ラングニックを監督として招聘することを目指しているという報道は依然として根強いが、これに失敗した場合にはパウロ ソウザを新指揮官に据えたいと考えていると『Tuttomercatoweb』が報じている。

ラングニックは監督としてのみならずスポーツディレクターとしての手腕も高く評価されており、ミラン首脳陣はクラブを立て直すのに最適な人物であると信じているという。

そのラングニックの招聘に失敗したケースもミランは見据えているようで、現在ボルドーで監督を務めているパウロ ソウザをリストアップしているようだ。

2015から2017年までフィオレンティーナの監督を務めた経験を持ち、現役時代にはユベントス、インテル、パルマでプレーするなどパウロ ソウザはセリエAを熟知している。

ミランはマッシミリアーノ アッレグリを解任した2014年1月以降、監督交代を繰り返してきた。
クラレンス セードルフ、フィリッポ インザーギ、シニシャ ミハイロビッチ、クリスティアン ブロッキ、ビンチェンツォ モンテッラ、ジェンナーロ ガットゥーゾ、マルコ ジャンパオロ…そして今度はステファノ ピオーリに別れを告げることになるのだろうか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています