Shooty

注目を集めるSPALのストレフェッツァ

KOFA

2020/06/07 16:07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

フィオレンティーナ、トリノ、そしてスペインのアラベスが、SPALに所属するMFガブリエウ ストレフェッツァに関心を寄せていると『Calciomercato』が報じている。

23歳のストレフェッツァはブラジルのサンパウロ出身。
コリンチャンス、SPALの下部組織を経て今シーズン、セリエAデビューを果たしリーグ戦20試合に出場し1ゴールを記録。

レオナルド センプリーチ前監督、そしてルイジ ディビアージョ監督のもとではウイングバック、そしてサイドアタッカーを務めている。

イタリアのシチリア島にルーツを持つというストレフェッツァはクラブからの期待値も高く、2019年9月にはSPALとの契約を2022年まで契約を延長している。

フィオレンティーナのジュゼッペ ヤキニ監督はこの選手を高く評価しており、トリノのダビデ バニャティSDは以前SPALで仕事を果たしており、ストレフェッツァとの再会を希望しているという。
さらにスペインのアラベスもこの選手をリストアップしているという。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています