Shooty

アーセナル vs バイエルン ゲルマン魂の容赦ない攻撃とチアゴ・アルカンタラ

ぱこぱこ・へめす

2017/03/13 23:27

2017/03/14 00:07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS


by fcbayern.com/jp

オランダ、アヤックス、バルセロナのレジェンドでサッカー界に多大な功績を残した故ヨハン・クライフ氏は、「サッカーは美しく勝つ攻撃的でなければならない。それは一種のショーだ。例えば4-0でリードしていて残り時間が10分。こんなときはシュートをゴールポストに当てて、観客を『オオッ!』とどよめかせたほうが盛り上がる。」という言葉を残しました。ラテン民族であるオランダ人のクライフ氏は、芸術的で創造的でスペクタクルなサッカーを選手としても監督としても追い求めました。一方のゲルマン民族であるドイツ人は、勤勉で時に冷酷さを見せることがあります。

ファーストレグで5-1と圧勝し、セカンドレグではレッドカードで1人少なくなった相手に対してさらにゴールを重ねて叩きのめす姿は、冷酷なほど勝利へとこだわるゲルマン魂を見たとも言えるでしょう。こういう視点で見れば、2014年のワールドカップ準決勝で開催国ブラジルを叩きのめしたドイツ代表を思い出すかもしれません。残念ながらバイエルンにはスターティングメンバーにノイアーとフンメルスしかドイツ代表がいませんでしたが。

ではファーストレグに続いてセカンドレグについても、試合内容を振り返っていきましょう。

■関連記事:
バイエルン vs アーセナル 攻撃と守備は切り離された概念ではない

スターティングメンバー

アーセナルフォーメーション
by formation-y

バイエルンフォーメーション
by formation-y

アーセナルは今シーズン、サンチェスを最前線に置く“偽9番”のような形をとってきていました。しかし4点のビハインドを負ってバイエルンをホームに迎えたアーセナルは、本職がセンターフォワードであるジルーを起用し、サンチェスを左ウイングに置きました。一方で、自由なポジショニングでチームの攻撃を組み立てるエジルがベンチスタートとなりました。

期待点とパスマップ、試合内容と運

まずは期待点とパスマップの統計に目を通しましょう。“期待点”(ExpG)は単純な量的統計であるシュート本数ではなく、それぞれのシュートの質を統計的に求めたものでしたね。この試合のシュート本数は10対16ですが、“期待点”だと0.52対4.50(3.74+1PK)であり、1対5というスコアがかなり妥当であると言えます。

次にパスマップですが、この試合ではコシェルニの退場前後で試合展開が大きく異なるため、パスマップをそのまま評価するのは好ましくないと思われます。そのあたりも後にアーセナルの狙いを見ていきながら考えていきたいと思います。

また、試合内容と運についての図も作りました。2試合を通して、試合内容と実際のスコアなどを比較して楽しんでもらえればと思います。

チアゴ・アルカンタラ

今シーズン、チアゴ・アルカンタラはドイツのブンデスリーガで最高の選手と言っても過言ではなく、少なくとも、カルロ・アンチェロッティが率いるバイエルン・ミュンヘンにとって最も重要な選手であることは間違いありません。彼は中盤で全てを繋ぎ合わせ、絶えず動き回ることで全てをスムーズに運ぶことができる選手です。恐らく、ペップ・グアルディオラ体制の頃よりはスムーズではありませんが、チアゴは1つ上のレベルのプレーを見せています。


by thetacticsroom.com

彼がボールを持つことの重要性は、彼が実行するパスの数が多いことに反映されています。チアゴはリーグで90分当たり101.1回(昨シーズンは86.8回)のパスを実行しており、90.4%のパス成功率を誇っていて、彼がどのように“ポゼッション”を求め主導権を握ろうとしているのかを示しています。彼は良い意味で、コントロール教信者であり、ボールを保持しバイエルンがピッチ上を移動する場所を操る上で大きな役割を果たしました。

バイエルンのボックスビルドアップとライン間

普通、彼は攻撃の組み立てである“ビルドアップ”の局面において中盤の深い位置にポジショニングしてセンターバックからボールを引き出す選手ではありません。バイエルンにとってこの役割を担うのはシャビ・アロンソやアルトゥーロ・ビダルです。代わりに、彼は最初の“ボール前進”が達成された(ビルドアップで相手の1列目のディフェンスであるフォワードの選手のプレッシングを剥がしてボールを前に繋げる)後に、“ライン間”(相手のDFラインとMFラインの間のスペース)でボールを引き出そうとします。それだけではなく、バイエルンのディフェンダーが持つ相手のラインを分断する能力の高さによって、彼らがボールを持っていても(中盤の選手にボールが渡る前でも)中盤でより多くの縦パスのコースを作ることができます。


by thetacticsroom.com

サイドバックがビルドアップの出口となると、チアゴはピッチのボールサイドに移りパスコースを作ってサポートします。それは彼がピッチの高い位置でウイングの選手とともに頻繁に行う動きのパターンであり、また中盤の低い位置でも同様に“ハーフスペース”(Half-Space:ピッチを縦に5分割した時のウイングスペースとセンタースペースの間のレーン)へスライドして数的優位を生み出す動きのパターンです。それによって通常、彼がマークされずにフリーとなってボールを中盤に繋げることができるか、彼が追跡されて他のスペースがオープンとなり他の選手が利用できるか、どちらかの効果があります。チアゴの動きが相手に“解決しなければならない問題”を提示し、相手に“決断”を強いることになります。

引用:戦術とは問題を解決する行為である—坪井健太郎氏

ボールの保持と前進の側面だけでなく、彼のアタッキングサードでの創造性もキーとなっています。ゴールやアシストの数自体はそれほどでもありませんが、それでもまずまずの結果です。

代わりに、常に半身でプレーし、“ライン間”のスペースでボールを引き出し、狭いエリアでチームメイトとワンツーをして相手をかわす能力にあります。彼のパスは滑らかで正確です。

チアゴは幅広いスキルを持っており中盤のあらゆるエリアで伸びやかにプレーすることができるので、ビルドアップの局面を助けるために少し低い位置に落ちたり、アタッキングサードでライン間にギャップを見つけたり、彼はどちらでも実行することができます。陣形と戦術的団結が非常に重視されている中で、選手には多くの局面で自由が与えられることは稀です。

次ページ:バイエルンのトランジションとカウンタープレッシング

1 2

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう