Shooty

ティアゴはクロップ・リヴァプールに完璧にフィットする

KOFA

2020/08/17 12:00

2020/08/15 13:46

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

バイエルンのティアゴは、ユルゲン クロップ監督が率いるリヴァプールへの移籍が近づいている。

ティアゴ本人とリヴァプール間ではすでに基本合意に達していると言われている。

『ビルト』の情報によると、今週リヴァプールはバイエルンのハサン サリハミジッチSDと最初の公式コンタクトを取った模様だ。

現在のリヴァプールの中盤には、ヘンダーソン、ナビ ケイタ、ワイナルドゥム、ファビーニョ、オックスレイド チェンバレンがいる。

さらに有望な若手のカーティス ジョーンズとハーベイ エリオットも控えている。

だが、全員がアスリートタイプの選手で、ティアゴほどの創造性は持ち合わせていない。

さらに、ティアゴはデュエルにも強く、サラー、マネ、フィルミーノの前線3人にチャンスを供給することができる。

これこそが、クロップ監督がティアゴ獲得を強く望む理由であり、ティアゴ獲得がリバプールにとって非常に理に適った補強である証だ。

バイエルンとティアゴの契約は2021年まで残っている。

バイエルンはティアゴの移籍金として、3000万ユーロ~4000万ユーロを望んでいるようだ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています