Shooty

ハヴェルツのドキュメンタリーが公開

KOFA

2020/08/02 12:00

2020/08/01 05:59

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

「カイはカイ・・・ハヴェルツだ。素晴らしい青年だよ」

ドキュメンタリー映画 「KAI ~ バヴェルツ・ストーリー ~ レヴァークーゼンでの10年」の中で、レヴァークーゼンのピーター ボス監督はハヴェルツを称賛している。

ハヴェルツのドキュメンタリーは土曜日(8月1日)からクラブのYouTubeチャンネルで公開される。

アーヘン近郊のマリアドルフから1億ユーロのスター選手になるまでのハヴェルツの軌跡を50分でたどるこのドキュメンタリー作品を、『ビルト』がプレビューしている。

まず第一に、これは英雄的なストーリーではない。

21歳のハヴェルツは、“地に足の着いた謙虚な人”として描写されている。

ハヴェルツは自身の左足について、「僕の祖父は左利きだった。僕の左足は祖父から受け継いだんだ」とコメント。

ハヴェルツと同じくマリアドルフ生まれの元バイエルンのスター、ハンズ=ピーター・レーンホフ(57歳)は、ハヴェルツの祖父リチャード・ヴァイデンハウプト=ペルツァーについて、「おじいちゃんはカイに庭で盆栽に向かってシュートを打たせたんだよ」と語っている。

ハヴェルツはレヴァークーゼンユースでの4年間で307ゴール(!)を記録。
当時について、ハヴェルツは「あの時の思い出は忘れられないよ。僕にとって完璧な環境だった」と振り返っている。

ハヴェルツは、プロ契約後に初めてトップチームに招集された時について、「両親に感謝した」とコメント。

高校卒業が間近だった16/17季、ハヴェルツは学校とプロサッカーの二足の草鞋に苦労したことも明かしている。
「ある時点で僕はもうほとんど力がなくなっていたんだ。その時、ロジャー シュミット監督が僕に言ったんだ。『カイ、頑張ってやってくれ、お願いだ』と。監督にそう言われると、自分もやってやろうという気になってしまうよね」

『ビルト』は最後にこうまとめている。
「ハヴェルツはすぐに史上最も高価なドイツ人選手になるだろう。彼はそれほどに強い」

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています