Shooty

親友の香川真司の影響で? ギュンドアンがトルコ移籍を示唆

Footmedia

2020/06/22 12:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

マンチェスター・シティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン(29歳)が、親友である香川真司のように、いつかトルコでプレーしたいと明かした。英紙『Manchester Evening News』が伝えている。

2016年夏にシティの監督に就任したペップ・グアルディオラが最初に獲得したのがギュンドアン。加入後は、怪我の影響で真価を発揮できない時期もあったが、今ではすっかりチームに不可欠な存在となっている。

昨シーズンは、負傷のフェルナンジーニョに代わって守備的MFとしてチームをまとめて国内3冠に貢献し、シーズン終了後に契約を3年延長した。現契約が満了する2023年には32歳を迎えるギュンドアン。シティ退団後のことも考え始めているようで、いつか両親の母国であるトルコでプレーしたいという。

「もちろんトルコのリーグはチェックしている。全ての試合ではないけど、時々見ているよ」とギュンドアンはトルコメディア『Futbolarena』に語った。「思い入れがあるチームはあるけど、ここで名前を上げるのは適切ではないだろう!」

「トルコで4、5年ほどプレーできたらいいね。別に選手としてじゃなくてもいいかもしれない。指導者としてトルコに行ってもいいかもね。」

「今はシティで満足しているけど、フットボールの世界は急変することがある。だからトルコに対して、いつだって『イエス』という気持ちでいるんだ。」

ギュンドアンは、自身のルーツであるトルコへの思いを語ったあと、親友の名前を出した。それが、同じドイツ生まれのトルコ人であるMFメーメット・エキジと、ドルトムント時代の同僚で2019年にベシクタシュでプレーした香川真司(レアル・サラゴサ所属)である。

「メーメット・エキジ(フェネルバフチェ所属)はとても仲が良い友達なんだ。前回イスタンブールを訪れた時にも彼に会った。それから、シンジ・カガワもベシクタシュでプレーをしていた。皆で一緒にコーヒーを飲んだよ。」

昨年ギュンドアンは、イスタンブールで二人の親友と一緒にお茶をし、その時の写真をインスタグラムに載せていた。果たしてギュンドアンは、“日本の親友”の足跡を辿っていつかトルコでプレーするのだろうか? そして「思い入れがあるクラブ」とは? ギュンドアンの去就に注目だ。

この投稿をInstagramで見る

Reunion 💫 @mehmetekici @sk23.10 #SamuraiOftheBosphorus #DayOff

Ilkay Gündogan(@ilkayguendogan)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています