Shooty

南野にもヘッドフォン? リヴァプールのDFが粋なプレゼント

Footmedia

2020/06/17 12:25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

リヴァプールのクロアチア代表DFデヤン・ロヴレン(30歳)が、チームメイトな粋なプレゼントを用意したと、地元紙『Liverpool Echo』が報じている。

2014年からクラブに所属し、昨年はチャンピオンズリーグ制覇にも貢献したロヴレン。先日、インスタグラムのストーリーをアップし、チームメイトへの素敵なプレゼントを披露した。それがオーダーメイトのワイヤレスヘッドフォンである。

自宅と思われる部屋の中には段ボールが並んでおり、その中には『Ready2Music』社のワイヤレスヘッドフォンがずらり。動画の中でロヴレンは「友人であるチームメイトへ」と語り始め、段ボールの中から「8」「NK」(背番号とイニシャル)の文字が刻まれたヘッドフォンを取り出し、「ナビ(ケイタ)これは君のだ。いつも僕の隣にいるね」とチームメイトへのプレゼントを紹介した。

さらに「モーのは、どこだ?」とモハメド・サラーにあげるヘッドフォンも探し始めて「あったよ。心配は要らないよ。みんなの分があるからね」と語ったそうだ。

この『Ready2Music』のヘッドフォンはサッカー界では有名で、ボルシア・ドルトムントともコラボをしている。ちなみに同社の公式HPにて、ドルトムント・バージョンは99ユーロ(約1万2000円)で販売されている。

さらに同社は、2018年にロヴレンが立ち上げた『Rock Filius』というアパレルブランドともコラボを始めたのだ。その商品は『Rock Filius』のサイトにて119ユーロ(約1万4000円)で販売されている。そういった経緯もあり、ロヴレンはチームメイト全員にヘッドフォンをプレゼントすることにしたのだろう。

リヴァプールのリーグ再開後の初戦は、今月21日のエヴァートンとのマージーサイドダービーだ。もしかすると南野拓実を筆頭に、全選手が同じヘッドフォンを付けてスタジアム入りするかも!?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています