Shooty

モラタはインテル移籍を拒否か

KOFA

2020/06/12 15:10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

インテルはラウタロ マルティネスの後釜として、アトレティコ・マドリードのスペイン代表FWアルバロ モラタをリストアップしたと報じられている。

だが、モラタはディエゴ シメオネ監督の下を離れるつもりはなく、いかなる移籍も拒否する考えのようだ。


『ムンドデポルティーボ』によると、モラタは2019年1月にチェルシーから移籍して以来、アトレティコ・マドリードでのプレーに満足していると主張している。

モラタは今シーズン、アトレティコで公式戦32試合に出場して12ゴールを記録しており、ジエゴ コスタに次ぐストライカーとしての地位を確立している。

現在モラタはチェルシーからのレンタルという形になっているが、今夏には5500万ユーロでアトレティコ・マドリードへの完全移籍が決定している。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています