Shooty

高い得点能力を持つアタランタ

KOFA

2020/06/03 17:12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

ジャンピエロ ガスペリーニ監督のもとで躍進しているアタランタの魅力の一つが攻撃力である。

ガスペリーニ監督は主に3-4-2-1、3-4-1-2システムを使っており、前線にはアレハンドロ ゴメス、ヨシップ イリチッチ、ドゥバン サパタ、ルイス ムリエルといった個性的なアタッカーが名を連ねている。

18/19シーズン以降、セリエAでは12回のハットトリックが生まれているが、そのうちの7回がアタランタの選手たちによるものであると『ガゼッタデッロスポルト』が報じている。

19/20シーズンのセリエAでは7回のハットトリックが生まれ、3回がアタランタの選手たちによるものである。

18/19以降のリーグ戦において、ヨシップ イリチッチとドゥバン サパタがそれぞれ3度のハットトリックを達成している。

これはバルセロナのリオネル メッシ(6回のハットトリック)や、マンチェスターCのセルヒオ アグエロ(4回)に次ぐ数字である。

またアタランタは18/19シーズン以降のリーグ戦において、7回のハットトリックを達成しているが、これはマンチェスターC、バルセロナと並び欧州5大リーグで最高の数字である。

アタランタは今シーズンのセリエAでもリーグ最多の70ゴールを記録しており、チームトップスコアラーは15ゴールを記録しているイリチッチである。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています