Shooty

サンプドリアが主力を売却して補強資金を捻出!?

編集部

2020/08/25 11:50

2020/08/24 08:27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

サンプドリアがガンビア代表DFオマル コリー(27歳)、イングランドU21代表MFロナウド ヴィエイラ(22歳)、ポーランド代表DFバルトシュ ベレシンスキ(28歳)、そしてウルグアイ代表FWガストン ラミレス(29歳)の4選手を売却して補強資金を捻出と考えていると『Il Secolo XIX』が報じている。

この報道によればサンプドリアはこの4選手をイギリスのクラブに売却したいと考えている模様だ。

コリーにはニューカッスル、アストンヴィラ、ウェストハム、ワトフォードなどが関心を寄せているという。

ロナウド ヴィエイラにはリーズ、ウェストハム、バーンリー、レスター、サウサンプトン、エヴァートンなどが関心を寄せているという。

さらにはトッテナムもロナウド ヴィエイラに注目している模様だ。

ベレシンスキとラミレスにはボーンマスやサウサンプトン、さらにはスコットランドのセルティックが関心を寄せているという。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています