Shooty

ユナイテッドが1億2000万ユーロを支払う条件は・・・

KOFA

2020/07/19 12:15

2020/07/18 15:11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン サンチョを巡る駆け引きに注目が集まっている。

『ビルト』の情報によれば、マンチェスターUがドルトムントがサンチョの移籍金として要求する1億2000万ユーロを支払うのは、チャンピオンズリーグ(CL)の出場権を獲得した場合のみだという。

まずは来シーズンのCL出場権の獲得、それが実現した後に1億2000万ユーロのオファー。これがユナイテッドのサンチョ獲得プランとなるようだ。

そして今のところ、サンチョはドルトムントに残留する可能性が高くなっている。

マンチェスターUは、リーグ戦残り2試合でレスターと同勝ち点の5位(勝ち点62)。

最終節はそのレスターとのアウェイで直接対決であり、CL出場権をかけた事実上の決勝戦となるかもしれない。

1つはっきりしているのは、サンチョがユナイテッドへの移籍を希望していることだ(サンチョとドルトムントの契約は2022年まで)。

サンチョはイングランド代表でチームメイトであるマーカス ラッシュフォードとも仲が良い。

サンチョはすでにユナイテッドへの移籍は、新シーズンもチャンピオンズリーグでプレーし続けられる場合のみの選択肢であることを明言している。

ドルトムントのハンス ヨアヒム ヴァツケCEOとミヒャエル ツォルクSDを中心とするドルトムント上層部は現在、サンチョの去就についてはプレミアリーグが終了するまで決まらないと想定している。

ただそれにもかかわらず、ドルトムントにとっては贅沢なシチュエーションになっており、リラックスして状況を見守ることができている模様だ。

2017年に784万ユーロというバーゲン価格でマンチェスターCから獲得したサンチョが去ることになれば、ドルトムントは1億2000万ユーロの移籍金が手に入る。

ドルトムントはその一部を使ってコロナ危機による4500万ユーロの損失を補填したいと考えている。そして残りの資金は、可能な限り後釜の確保に充てる考えだ。

逆にサンチョが残留することになれば、ドルトムントは来季のブンデスリーガ優勝を目標として宣言できる可能性が再び高まることとなる。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています