Shooty

イブラ『最初から私がいればミランはスクデットを獲得していただろう』

編集部

2020/07/09 12:03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

好調ミランの勢いは本物だった。

セリエA第31節ミラン対ユヴェントス戦。

ミランは0-2とリードを許した状況から4得点を記録し逆転勝利を飾った。

絶対王者ユヴェントスを追い込んだのはイブラヒモヴィッチのPKゴールだった。

イブラのPKで勢いに乗ったミランは立て続けのゴールを記録し、ユーヴェを撃破した。

この日も圧倒的な存在感を放ったイブラヒモヴィッチは試合後「あらゆる方法でチームを助けようとしている」とコメントした。

その言葉通り、イブラは途中交代でピッチを去ってからも選手たちを鼓舞し続けた。

「私は会長であり、選手であり、監督でもあるんだ!唯一のマイナスは、選手であることでしかお金をもらえないことだ! もし私がシーズン初日からここにいたら、ミランはスクデットを獲得していただろう」

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています