Shooty

マレガ、チームメイトにゴールを捧げる

KOFA

2020/06/25 13:15

2020/06/24 23:45

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

前節は最下位のアヴェス相手にまさかのスコアレスドローで再びベンフィカに勝ち点で並ばれてしまったポルトは、23日に同じポルトを本拠地とするボアヴィスタを第28節ではホームに迎えた。

前半は5バックで守備を固めてきたボアヴィスタを攻めあぐめたポルトは、53分にマレガがヘスース コロナのスルーパスに反応し、待望の先制ゴールを決めた。

すると、マレガはベンチへ向かい、背番号5のユニフォームを掲げた。

新型コロナウイルスによる中断中に右膝の前十字靭帯を断裂して長期離脱中のマルカーノにマレガはゴールを捧げた。

その後もポルトは攻撃の手を緩めず、アレックス テレスとセルジオ オリベイラのPKによる得点でリードを3点に広げた。

そして留めもマレガだった。途中出場のファビオ ビエイラのスルーパスからGKの位置を見て冷静にボールをゴールに流し込んだ。

第19節のセトゥバル戦以来となる4ゴールを決めたポルトは、試合前にサンタクララに敗れたベンフィカとの勝ち点差を3に広げた。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています