Shooty

ガスペリーニ「インテルは私を受け入れなかった」

KOFA

2020/06/20 10:15

2020/06/19 22:02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

アタランタのジャンピエロ ガスペリーニ監督がインテル時代の経験を振り返っている。

ガスペリーニ監督は2011年6月にインテルの指揮官に就任したが、公式戦わずか5試合で解任された。

ガスペリーニ監督といえば3バックが代名詞であるが、インテルはこのスタイルを受け入れることが出来なかったという。

ガスペリーニ監督がイタリア『スカイ』の取材に応じ、次のように話している。

「インテルは私の前にマルセロ ビエルサにオファーを出していたんだ。それでも私は歓迎された。私は自分のスタイルを持っており、インテルで指揮を取れることは素晴らしいチャンスだった」

「私は自分のスタイルを変えたくはなかった。インテルが私に何を期待していたのかは分からない。選手たちも私のトレーニング方法や戦い方を受け入れてくれなかった」

「インテルは3バックシステムが好きではなかったのだと思う。ヨーロッパで戦うためには4バックであるべきだとよく耳にするが、そんなことはない」

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています