Shooty

カストロヴィッリ放出だけは断固拒否

KOFA

2020/06/19 16:31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

フィオレンティーナのロッコ コミッソ会長の希望はフェデリコ キエーザ(22歳)、そしてガエターノ カストロヴィッリ(23歳)をクラブに残すことである『Corriere dello Sport』が伝えている。

キエーザとカストロヴィッリにはインテルとユヴェントスからの強い関心が伝えられており、連日のようにメディアを賑わしている。

コミッソ会長はキエーザについては拒否できないオファーが届いた場合のみ放出を認める可能性があるとしているが、カストロヴィッリを失うことは絶対に避けたいと考えているようだ。

カストロヴィッリを確実に残留させるために、2024年までとなっている同選手との契約をさらに1年間延長し、年棒を2倍となる300万ユーロにアップすることも検討していると伝えられている。

キエーザはここまで公式戦26試合に出場し7ゴール5アシスト、一方のカストロヴィッリは公式戦26試合で3ゴール2アシストを記録している。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています