Shooty

ローマがパウ ロペスを売却?

KOFA

2020/06/16 00:05

2020/06/15 21:30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

スペイン『エスタディオ デポルティーボ』の報道によるとローマのスペイン代表GKパウ ロペスにはチェルシー、ウェストハム、そして古巣であるトッテナムが関心を寄せているという。

パウ ロペスはエスパニョール時代の16/17シーズンにトッテナムへの1年間のローンを経験している。

この25歳スペイン代表GKは2019年夏にベティスから2350万ユーロでローマに加入。

同選手の獲得に支払った移籍金はGKにおけるローマのクラブ史上最高額だった。

そんなパウ ロペスだが、期待に応えているとは言い難い状況にあり、現在も手首を負傷し戦列を離れている。

ローマが資金を必要としていることもあり、4000万ユーロのオファーが届けばパウ ロペスを売却する意向であるという。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています