Shooty

”ブライテストホープ”フロリアン ヴィルツがブンデス最年少ゴールを記録!

KOFA

2020/06/07 00:57

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

現地時間6月6日に行われたブンデス第30節のレヴァークーゼン対バイエルン戦は、王者の風格を見せつたバイエルンがアウェイながら4-2で試合を制した。

前日にCL出場権を争うライバルのボルシア・メンヘングラートバッハがフライブルクに敗れていただけに、同じ勝ち点で並ぶレヴァークーゼンは1ポイントでも上乗せしたかったところだが、残念な結果となった。

しかし、この試合ではブライテストホープによる新たな記録が生まれることとなった。


今冬に同じ地区のライバルであるケルンから”禁断の移籍”を果たしたフロリアン ヴィルツがブンデス史上最年少ゴールを記録することとなったのだ。

1-4で迎えた試合終了間際の89分。後半から試合に出場していたフロリアン ヴィルツは相手ディフェンス2人に囲まれながらも左足のコントールショットを見事決めて見せた。

これが17歳34日でのゴールとなり、2005年11月のニュルンベルク戦で当時ドルトムントのヌリ シャヒンが記録した17歳82日の記録を更新することとなった。

U17ドイツ代表監督を務めるクリスティアン ビュックは「間違いなくトップクラスの才能を持っていると言えるよ。彼は本当に聡明なんだ。おそらくまだ何も達成していないことを実感していると思う。ただ、私は彼が素晴らしい道のりを歩んでいると思っている」とコメントしていたが、初ゴールの相手がバイエルンであることもあり、スーパースター街道を突き進んでいくことになるかもしれない。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています