Shooty

南米ペルーで大活躍!元柏レイソル澤昌克とは

k.k

2015/06/18 20:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

日本を飛び出して世界で活躍をするサッカー選手が増えてきました。そこにはヨーロッパのトップリーグだけでなくアジアや南米のクラブに活躍の場を求める選手も。

今回はそんな「プロサッカー選手」という夢を追う人にとってひとつの成功ケースである、南米はペルーで現在も活躍をする澤昌克選手についてまとめてみました!

プロフィール

澤 昌克(さわ まさかつ)選手
1983年1月12日生まれ(32歳)
千葉県出身
FW

澤3.1
by twitter@DepMunicipal

ペルーでプロデビュー

高校卒業後の2001年にアルゼンチンへサッカー留学という形で渡り、名門CAリーベルプレートのユースへと所属した澤選手。

そんな澤選手がプロサッカー選手としてキャリアをスタートさせたのは2005年。

ペルー1部リーグ所属のスポルティング・クリスタルでプロ契約を結びます。

その後、2007年にデポルティーボ・ムニシバルで活躍をし、ペルーリーグの最優秀外国人賞を獲得。
その活躍からこの年にはペルーサッカー協会からペルー代表入りを正式に打診されるほどに高い評価を受けました。

澤1
by サッカー速報

「逆輸入Jリーガー」として柏レイソルへ

ペルーでの活躍が認められた澤選手は2008年の8月にJリーグの柏レイソルへ移籍を果たします。

日本の中でも珍しい海外で活躍をしたのちにJリーグデビューを果たした「逆輸入Jリーガー」となりました。

柏レイソルに加入当初は足首の怪我に悩まされなかなか試合に出ることが厳しい状態でしたが、2009年のリーグ終盤よりレギュラーへ定着。

その後は2011年のJ1制覇、さらにFIFAクラブワールドカップでの世界4位に貢献するなど5年間に渡り日本で活躍をします。

澤2
by エル・ゴラッソ BLOGOLA

30歳を超えてなおペルーで再ブレイク中

柏レイソルを退団後、2014年にかつて所属をしたペルーのデポルティーボ・ムニシバルと契約を結びます。

移籍した2014年には2部リーグ所属でしたが、2015年シーズンから1部リーグへと昇格し、第7節終了時で6位と奮闘するデポルティーボ・ムニシバルでレギュラーとして活躍をする澤選手。

南米で活躍をする日本人選手は数少ないだけにぜひ今後の活躍にも注目をしてみてください!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう