Shooty

いよいよJ1チャンピオンシップ!準決勝の注目選手は誰?

優後

2015/11/28 09:30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

CS1
by URAWA RED DIAMONDS GAMBA OSAKA

1年間に亘って熱戦が繰り広げられてきた明治安田生命J1リーグが、11月22日に閉幕しました。一抹の寂しさがありますが、興奮冷めやらぬうちに11月28日からは年間順位の上位3チームによるチャンピオンシップが開催されます。

28日の準決勝では年間2位の浦和レッズ対年間3位のガンバ大阪の試合が行われます。今季の両チームの戦いぶりと、注目選手を見ていきましょう。

攻撃力の浦和レッズ

浦和レッズは持ち前の攻撃力を武器に、J1全18クラブ中で2位となる69得点を記録し、年間2位の座を手にしました。

槙野選手や柏木選手、興梠選手など、各ポジションに代表クラスの選手を擁し、年間を通して安定した戦いぶりを示しました。また関根選手や加賀選手など、成長著しい若手の台頭もあり、競争心と緊張感を持って戦えたシーズンだったと言えるでしょう。

個のガンバ大阪

ガンバ大阪は前線に宇佐美選手やパトリック選手といった得点力のある人材を擁し、中盤に絶対的な司令塔である遠藤選手を構えることで、個の長所を最大限に活かす展開力が武器のチームです。

総失点数は37で、J1全体4位となる守備力も強みの一つです。リーグやカップ戦に加え、ACLも戦うというタフなシーズンでしたが、安定した戦力をもって年間3位の結果を手にしました。

浦和の注目選手

抜群の攻撃力を誇る浦和の柏木選手、関根選手には要注目です。久しく離れていた代表の座に復帰した柏木選手は、かねてから定評のあったゲームの展開を読む洞察力と高精度のパス技術に磨きがかかり、今や浦和に君臨する攻撃の名手と言える程の選手です。

CS2
by Number Web

柏木陽介(かしわぎ ようすけ)
1987年12月15日生まれ
176cm73kg 左利き 兵庫県出身

関根選手は卓越したドリブル突破技術を持ち味とするプレイヤーで、世界の名門クラブも注目している程の逸材です。

CS3
by CYCLE

関根貴大(せきね たかひろ)
1995年4月19日生まれ
167cm61kg 右利き 埼玉県出身

ガンバ大阪の注目選手

日本代表でも攻撃の一翼を担う存在である宇佐美選手は、抜群の得点感覚と高いテクニックで得点ランキング3位となる19得点を記録しています。

CS4
by Web Sportiva

宇佐美貴史(うさみ たかし)
1992年5月6日生まれ
178cm69kg 右利き 京都府出身

代表キャップ数152を誇る遠藤選手にも要注目です。試合を俯瞰しているかのような広い視野と百戦錬磨の経験と技術は、大舞台でも活きること必至です。

CS5
by GAMBA OSAKA

遠藤保仁(えんどう やすひと)
1980年1月28日生まれ
178cm75kg 右利き 鹿児島県出身

さて、どちらのチームに軍配が上がるのでしょうか。1年を締めくくる白熱のバトルを堪能してみましょう!

SOURCE : Jleague.jp | J.League Data Site

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう