Shooty

ローマ、パウ ロペス放出でイタリア代表GK獲得!?

編集部

2020/08/13 11:46

2020/08/12 11:51

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

ローマはダン フリードキン氏による買収が進んでおり、ジェイムズ パロッタ会長体制から脱却し新スタートを切ると予想されている。

新体制において最初の補強はGKになると『ガゼッタデッロスポルト』が伝えている。

ローマはスペイン代表GKパウ ロペス(25歳)を放出し、アタランタに所属するピエルルイジ ゴッリーニ(25歳)、ナポリに所属するアレックス メレット(23歳)のどちらかを獲得したいと考えている模様だ。

2019年夏に2350万ユーロというGKとしてはクラブ最高額の移籍金でローマに加入したパウ ロペスだが、クラブからの信頼を勝ち取るには至らず、わずか1シーズンでチームを去ることになると予想されている。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています