Shooty

ラウンド16セカンドレグを得意とするメッシ

KOFA

2020/08/08 12:00

2020/08/07 15:28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

チャンピオンズリーグ通算141試合で114ゴールを記録しているメッシ。

チャンピオンズリーグにおける得点率は、1試合平均0.8ゴールだ。

だが、ホームであるカンプ ノウではメッシのパワーは倍増する。

メッシは、チャンピオンズリーグのホームゲームでは通算66試合に出場し、67ゴールを決めている(1試合平均1.01ゴール)。

ホームゲームでの勝率は75.7%を誇り、敗れたのはそのうちのわずか3%しかない。

メッシはチャンピオンズリーグにおいて、準決勝セカンドレグを除いて、すべてのラウンドでゴールを決めている。

準決勝セカンドレグでは、メッシは7試合に出場したが、まだゴールがない。

ラウンド別に見て、メッシが最もゴールを決めているのがラウンド16セカンドレグだ。

通算14試合で19ゴールを記録している(1試合平均1.35ゴール)。

メッシにとって、最も高い得点率を誇るのがグループステージ第5節。

通算11試合で15ゴールを記録しており、1試合平均1.36ゴールという数字を残している。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています