Shooty

マンジュキッチ不在を嘆くデルピエロ

KOFA

2020/06/23 12:45

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

ナポリとのコッパ・イタリア決勝で敗れタイトルを逃したユヴェントスに対し、クラブのレジェンドであるアレッサンドロ デルピエロ(45歳)が今のチームに足りないものを指摘している。

デルピエロは「私だったらマンジュキッチを手放さなかった。今のユヴェントスには彼のような選手がいない」と話し、愛する古巣の問題点を挙げた。

元クロアチア代表FWマリオ マンジュキッチ(34歳)は2015年から2020年までユヴェントスでプレー、戦う漢の象徴としてチームをけん引しサポーターからも愛された。

しかしマウリツィオ サッリ監督が就任するとまさかの構想外になり、2020年1月にカタールのアルドゥハイルへと移籍している。

ユーヴェでは公式戦162試合に出場し44ゴールを記録したマンジュキッチだが、デルピエロの指摘通り、成績以上にクラブに貢献していた選手だった。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています