Shooty

ローマ残留を願うムヒタリヤン

KOFA

2020/06/09 17:06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

ローマでプレーするアルメニア代表MFヘンリク ムヒタリヤンはここまでリーグ戦13試合に出場し6ゴールを記録している。

今シーズン、ローマにレンタルで加入したムヒタリヤンはエディン ジェコ(12点)に次ぐゴールを記録している。

ムヒタリヤンはローマでの生活を楽しんでおり、来シーズン以降もこの地でプレーしたいと考えていると『ガゼッタデッロスポルト』が伝えている。

ムヒタリヤンの保有権はアーセナルが有しており、買い取りオプションは付帯していないとされている。

ムヒタリヤンは「これからもローマでプレーしたい。この街とこのクラブが大好きなんだ。もっと長くここにいたいと思っている。でもそれは私が決められることではない」と話し、「イタリア語も上達しているし、パウロ フォンセカ監督の哲学は自分にマッチしている。来シーズンだけでなく、もっともっとローマにいたい」と続けた。
それでもローマ残留を決めるのはムヒタリヤンではない。
「私はまだアーセナルと契約している。ローマに残りたいが自分で決められることではない」とコメントした。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています