Shooty

元シントトロイデンのブライスがルーベンの監督に就任

KOFA

2020/06/17 17:30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

2019年11月にシントトロイデンを解任されたマルク・ブライス監督は、6月16日に2部のルーベンの監督に就任したことを、『スポルツァ』が報じている。

ブライス新監督は、8月2日、ルーベンを率いて、かつて監督を務めたベールスホットと1部への昇格プレーオフのセカンドレグを戦う予定になっている。


1週間前、ルーベンはヴァンサン・ウブラルト監督をサプライズで解任し、ブライス監督の経験に頼ることにしたようだ。

1部への昇格プレーオフはホームアンドアウェイ方式となっており、3月8日にベールスホットがホームでルーベンを1-0で下しており、セカンドレグは3月14日にルーベンのホームでセカンドレグが開催される予定だった。しかし、新型コロナウイルスのパンデミックのために延期となり、8月2日に決まったが、まだこの日に試合が開催されるのか正式には決まっていない。

もしルーベンが1部へ昇格すれば、ブライス監督は古巣のシントトロイデンと対戦することになる。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています