Shooty

ロナウドには朝食でコーラを飲んでいた過去があった

KOFA

2020/06/11 12:06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

現在ユヴェントスに所属するクリスティアーノ ロナウドは完璧なアスリートであり、徹底的に管理された食事療法やトレーニングを貫く厳格なプロフェッショナルである。
しかし以前は違かったようだ。マンチェスターU時代のチームメイトである現ウェールズ代表監督であるライアン ギグスは「彼は朝食にコーラを飲んでいた。注意したら『ギグシー、私は飲みたいものを飲むよ』と言われた。彼はその日にハットトリックを達成したんだ」と話し、CR7の過去を明かしている。

ギグスは1990年から2014年までマンチェスターUのトップチームでプレーしたレジェンドであり、40歳を過ぎてからも現役を貫くことが出来た。
そこにはある自己管理があったという。
ギグスは「私はチョコとバターをたっぷりぬったトーストが大好きだったが、良いプレーが出来なくなった時期にこれは怠慢だと感じ、この好物をきっぱりとやめたんだ。肉体的なことだだけではなく、精神的にも自分を追い込みたかったんだ」と話している。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています