Shooty

新シーズンのドルトムントはこうなる!?

KOFA

2020/08/19 12:00

2020/08/18 13:41

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

ドルトムントではポジション争いが激化しており、名だたる選手たちでさえポジションは保証されていない。

現在、ドルトムントでは30人の選手が11のポジションを争っている。

『ビルト』の情報によれば、ルシアン ファヴレ監督の考えるスタメン11人は以下のとおりだ。
GK:ビュルキ
DF:ムニエ、フンメルス、アカンジ、ラファエル ゲレイロ
MF:ヴィツェル、ベリンガム
FW:サンチョ、レイナ、アザール、ホーラン

ファヴレ監督にとって、ジェイドン サンチョとアーリン ホーランは欠かせない存在だ。

ファヴレ監督が最も苦しんでいると見られているのが、ドイツ代表ユリアン ブラントの扱いだ。

昨シーズンのドルトムントにおいて、ブラントはファブレシステムの犠牲者だった。

ブラントが開花したのは、11月にファヴレ監督がシステムを3-4-3に切り替えてからだった。

ファヴレ監督はまずは人選、システムはそこから逆算してプランを立てる。

そのため、ブラントは今シーズンも開幕はベンチスタートになると見られている。

今冬に加入したエムレ ジャンも先発の座が危うくなっている模様だ。

中盤としてのエムレ ジャンは、ファヴレ監督の志向する高速サッカーにはプレースピードが遅すぎると考えられているようだ。

エムレ ジャンは最終ラインでもプレー可能だが、守備ではフンメルス、ザガドゥ(フィットしている場合)、アカンジがファーストチョイスだ。

そして、ファヴレ監督にとってのサプライズは、ジョバンニ レイナ(17歳)と、今夏に2650万ユーロで獲得したジュード ベリンガム(17歳)だ。

彼らはバートラガッツでのトレーニングキャンプにおける勝者であり、レイナはロイスの代わりにトップ下のポジションで躍動し、ベリンガムも説得力があるプレーでヴィツェルと並んで中盤の底のポジションをモノにしている。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています