Shooty

“ティキタカ” ライプツィヒ

KOFA

2020/08/16 12:00

2020/08/15 12:58

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

チャンピオンズリーグ準々決勝のアトレティコ・マドリード戦で、ライプツィヒが見せたプレーは、まさに“ティキ・タカ”だった!

ライプツィヒは1-0で迎えた51分、素早いパス回しでアトレティコ・マドリードを翻弄。

19回連続でパスを通し、アトレティコの選手たちは52秒間ボールに触れることができなかった。

“ティキ・タカ”とは、かつてのバルセロナやスペイン代表のように、華麗で正確なパスワークによって相手ゴールに向かうプレースタイルのこと。

時計の秒針の音「チク、タク(スペイン語ではティキ、タカ)」になぞらえて創られた言葉である。

これはまさにライプツィヒのユリアン ナーゲルスマン監督が好むポゼッションサッカーだ。

ナーゲルスマン監督は、「私は非常に満足している。選手たちが私の指示によく耳を傾けていた証拠だ」とコメント。

さらに、「確かに、時に19本というのは多すぎることもある。ボールを失い、カウンターを受け、失点するリスクがあるからね。だが、私は選手たちに止めさせるつもりはまったくない」と語っている。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています