Shooty

リヴァプールの新星、緊張したのは歌唱だけ!?

Footmedia

2020/08/05 08:37

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

17歳にして今季リヴァプールでプレミアリーグ2試合に出場した期待の若手、ハーヴィー・エリオットがスポーツ情報サイト『The Athletic』とのインタビューでアンフィールドでの1年間を振り返った。

エリオットは2018年9月に15歳にしてフルアムでプロデビューを果たすと、翌年5月には16歳30日でプレミアリーグ最年少デビューを飾った。そして欧州中の名門クラブから誘われるなか、19年夏にリヴァプールを選んだ。

リヴァプールに加入して1年になるが、緊張したのは1度だけだという。それが昨夏のプレシーズン中に、チームメイトの前で歌ったときだという。英国のクラブでは、新加入選手が挨拶の意味を込めてチームメイトの前で一曲歌う習わしがある。

「サッカーに関しては全く緊張しないんだ」と、エリオットは『The Athletic』に語った。「自分が愛することをやるのだから緊張する必要がない。特に僕の場合は愛するクラブでプレーできているのだからね。」

「緊張するのは馬鹿げたことをやらされるときさ。例えばみんなの前で歌わされるとかね。あれはマジで緊張したよ。」

エリオットは、2004年にアメリカ人シンガーのマリオがリリースした『Let Me Love You』を歌ったという。「上手くいったと思ったけど、みんなの意見は違った。みんなの感想を聞くと、僕は歌手の道に進めなかったようだね。あれ以来、フットボール一筋さ!」

エリオットは生粋のリヴァプールファンでもある。父に連れられ、初めてアンフィールドで試合を観戦したのは3歳のとき。それ以降も、2018年チャンピオンズリーグ(CL)決勝のレアル・マドリード戦など、何度もスタジアムに駆けつけてリヴァプールに声援を送ってきた。「僕の憧れはスティーヴン・ジェラードとルイス・スアレスだった。父はフェルナンド・トーレスの大ファンだったよ。」

だからレアル・マドリード、パリ・サンジェルマン、マンチェスターCなど名だたるクラブから誘いを受けても、彼が選ぶ移籍先は1つしなかったのだ。レアル・マドリードにはスタジアムツアーに招待され、そこで主将のセルヒオ・ラモスに会えるチャンスもあったが、エリオットはCL決勝でモハメド・サラーの肩を脱臼させた選手に会うことを拒否した。

「その通りさ」とエリオット。「彼がサラーにやったことを覚えていたので断ったのさ。」

リヴァプール愛に溢れる17歳のウィンガー。来シーズンは大ブレークを予感させる。

この投稿をInstagramで見る

🏆😊🏆

Harvey Elliott(@harveyelliott07)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています