Shooty

レイナがいよいよスタメンデビューへ

KOFA

2020/06/17 23:16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得したドルトムントは、新シーズンに向けて計画を練り始めることができる。

残り3試合のリーグ戦では、若手にもチャンスが与えられるかもしれない。

水曜日(17日の)マインツ戦に向けた会見で、ルシアン ファヴレ監督は17歳のアメリカU23代表ジョバンニ レイナを称賛。

ドルトムントの地元紙『ルールナハリヒテン』は、マインツ戦でレイナがスタメンデビューを果たす可能性があると報じている。


レイナにとっては、待ちに待ったスタメンデビューだ。

レイナは、5月16日のブンデスリーガ再開初戦のシャルケ戦でスタメン予定だったが、ウォーミングアップ中に筋肉を負傷してしまい、スタメンデビューはお預けとなっていた。

MLSのニューヨークシティの下部組織出身のレイナは、14歳の時にはすでにトップチームでの練習を許可されるほどの実力を持っていた。

当時ニューヨークシティのトップチームでプレーしていたアンドレア ピルロ、フランク ランパード、ダビ ビジャなど欧州のスーパースターたちの隣で多くを学んでいる。

レイナは『ルールナハリヒテン』の独占インタビューで、2年間でサンチョのレベルまで到達したいと語っている。

レイナがドルトムントの攻撃の中心となり、チームを牽引する日もそう遠くはないと見られている。

ちなみに、元アメリカ代表キャプテンであるクラウディオ レイナの息子である。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています