Shooty

ユヴェントスからのオファーは断れないと話す元イタリア代表FW

KOFA

2020/06/16 23:10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

ユヴェントスを率いるマウリツィオ サッリ監督は2015年から2018年までナポリの監督を務め、アウレリオ デ・ラウレンティス会長と仕事を共にし、人間関係を構築してきた。

デ・ラウレンティス会長はユヴェントスとのコッパ・イタリア決勝を前にかつての指揮官を『野心的な裏切り者』と呼びメディアを賑わせている。

このデ・ラウレンティス会長の発言を受け元イタリア代表FWマルコ ボリエッロが独自の見解を述べている。

ボリエッロは「人々は裏切り者についてよく話すが、それは単なる野心だ。ナポリでのサッリのサイクルは終わった。もっとハッキリと言おう。ユヴェントスからのオファーを拒否できる人はいるかい?」

ボリエッロは現役時代の2012年にユヴェントスでプレーした経験を持っており、ユーヴェがどれほど特別なクラブであるかを理解しているようだ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています