Shooty

ミランで大ブレイクを果たした22歳の左SB

KOFA

2020/06/16 12:30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

ミランのフランス人左サイドバック、テオ エルナンデスは充実のシーズンを過ごしている。

テオ エルナンデスは2019年夏に2000万ユーロでレアル・マドリードからミランに加入したが、今ではその2倍の価値を持つ選手になったと言われている。

今シーズン、セリエAデビューを果たしたこの22歳はここまでリーグ戦22試合で5ゴールを記録している。

ミランのDFによるセリエAシーズン最多ゴール記録は1978/79シーズンのアルド マルデラが記録した9ゴールだが、この記録を更新する可能性も秘めている。

「またプレーを再開することが出来てとても嬉しい。私たちはシーズンをうまく終わらせてから、可能な限り最善の形で次のシーズンを迎えたい」、『Radio 105』でテオ エルナンデスはこう話している。

テオは好きな音楽についても言及している。

「私はレゲトンが大好きなんだ。レゲトンを聞くと、とてもリラックス出来るし幸せな気分になる。スマートフォンにはプレイリストがあるんだ」
「ハカン チャルハノールはイギリスの音楽をよく聞いているね。サム カスティジェホはフラメンコ音楽を聴いているんだ」

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています