Shooty

シモーネ インザーギが2023年までの契約にサインか

KOFA

2020/06/12 10:32

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

ラツィオがシモーネ インザーギ監督に契約延長の準備していると『Il Messaggero』が報じている。

ラツィオとインザーギ監督は2021年まで契約を結んでいるが、クラブはこれを2023年まで延長したいと考えており、クラウディオ ロティート会長は指揮官の年棒を200万ユーロから最大で300万ユーロに引き上げようとしているという。

インザーギ監督は2016年4月にステファノ ピオーリの後任としてラツィオの監督に就任後、クラブに3つのタイトルをもたらしている。

そんなインザーギ監督にはビッグクラブからのオファーも伝えられていたが、ラツィオはこの指揮官を手放す気がないという。

インザーギ監督率いるラツィオは今シーズン、セリエAで勝点62ポイントを獲得しており現在セリエA8連覇中の”絶対王者”ユヴェントスを1ポイント差で追いかけている。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています