Shooty

ユナイテッド、再開初戦で最強の3-5-2で臨む可能性

KOFA

2020/06/09 07:20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

プレミアリーグは、新型コロナウィルスによる中断後の日程を発表したが、マンチェスターUは再開初戦を6月19日にトッテナムとのアウェイゲームを戦うことなる。

再開初戦となるトッテナム・トッススパー・スタジアムでは今季のユナイテッドにおいて最も強力な3-5-2の布陣を目撃することとなるかもしれない。

ユナイテッドは上位陣との対戦で3バックを採用するケースが多々見受けられる。

今季最初のスパーズとの対戦は4バックで試合に臨んだが、今回は3バックで臨む可能性が高いと『マンチェスター・イブニング・ニュース』では報じられている。

そこで見受けられる陣容はこれまでとは大きく変わるものとなるかもしれない。

負傷者がこの中断期間に戻ってきたことにより、このシステムは魅力を増すものとなりそうだ。


3バックでは、ハリー マグワイア、ヴィクトル リンデレフのレギュラーCBに加え、左のCBにはルーク ショーが起用されることもあった。ショーはここでも素晴らしいパフォーマンスを披露しているが、エリック バイリーのコンディション次第では本来のアウトサイドにポジションを映し、起用されることとなるかもしれない。

また、中盤では才能同士が化学反応を起こすことが期待されている。
冬に加入し、瞬く間にチームの中心選手となったブルーノ フェルナンデスに加え、ポール ポグバが戦線復帰を果たすからだ。
この二人に加え、今季好調のフレッジが同時に起用されれば、今季最高の中盤を形成することになる。

FWでもアントニ マルシャルとこちらも負傷から復帰を果たすマーカス ラッシュフォードの2トップが見れることになるだろう。
3バックシステムを採用したこれまでの試合では、2トップにこの2人が先発同時起用されたのは3-3で試合を終えた第13節のシェフィールドU戦のみだったようだが、彼らを操る中盤が厚みを増すことで、破壊力は格段に上がることが想像に難くない。

誰かが欠場することになろうが、スコット マクトミネイ、ネマニャ マティッチ、ダニエル ジェイムズ、メイソン グリーンウッド、オディオン イガロ等が控えることを考えても、再開後のユナイテッドは今季のこれまでで最強の布陣で試合に臨むことになりそうだ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています