Shooty

アルテタがアルシャビンに助けを求める?

KOFA

2020/06/05 08:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

2017年夏、レアルマドリードはサンチョ獲得に近づいていた。

当時、レアルマドリードはすでに「世界最高の若タレントと契約する」という新たな移籍戦略を形にし始めていた。

サンチョの父親との交渉は非常に順調に進んでいたが、サンチョ側はトップチームに所属させることを契約の条件として要求してきた。一方、レアルマドリードはカスティージャ(Bチーム)からのスタートを希望しており、ジダン監督もクラブやリーグへの適応のためにはそのほうが良いという意見で一致していた。

今でこそドルトムントで飛躍的に成長し欧州屈指のスーパースターとなっているが、当時はマンチェスターCの下部組織に所属する17歳の選手でしかなかったからだ。

将来性のある若い選手を探し続けているレアルドリードにとって、サンチョは若き才能に溢れたドルトムントの中で、ホーランと並んで現在最も刺激的な選手の一人となっている。

サンチョはスピードとテクニックで守備を切り裂くだけでなく、ゴールを決めることもできる。

今季ブンデスリーガではすでに17ゴール16アシストを記録しており、シーズン20ゴール20アシストも夢ではない。

その結果、サンチョの市場価値は1億ユーロを超えている。

レアルマドリードとドルトムントの関係が良好であることは、移籍の可能性を高めるかもしれない。

ドルトムントでの3シーズンを終え、より大きなクラブへのステップアップを希望し、個人としてもチームとしてもタイトルのために戦いたいと考えているサンチョの姿勢は重要なものになるだろう。

もちろん、他の欧州トップクラブもサンチョに興味を持っている。

マンチェスターUは、サンチョをNEXTクリスティアーノ ロナウドにしたいと考えている。

2009年夏にロナウドが去って以来、マンチェスターUは同等のクオリティを持つ後継者を見つけることができていない。スールシャール監督はサンチョをオールド トラッフォードに連れてきて、ラッシュフォードのパートナーにしたいと考えているようだ。

2月にマンチェスターUはサンチョに1億4000万ユーロのオファーを提示したが、ドルトムントはそれを拒否した。

レアルマドリードはサンチョをより長期的なプロジェクトとして考えている。

レアルマドリードは2021年夏にサンチョを獲得することを検討しており、今夏はビッグディールはしない予定だ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています