Shooty

プレミア史上最高のDFは誰? ファン投票の結果は・・・

Footmedia

2020/06/02 08:00

2020/06/01 23:17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

英紙『The Sun』がオンライン上で「プレミアリーグ史上最高のDF」を決めるファン投票を行い、元マンチェスターUのリオ・ファーディナンド(41歳)が1位に輝いた。

センターバックとしてイングランド代表でも活躍したファーディナンドは、2002年夏に当時の英国史上最高額となる3000万ポンド(約40億円)の移籍金でリーズからマンチェスターUに加入。2014年に退団するまでにプレミアリーグを6度制覇し、2007/08シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で優勝するなど、多くのタイトルを手にした。それらの功績が評価され、同紙の読者9000人が参加した投票で全体の30%近い2622票を獲得して堂々の1位に選ばれた。

2位はチェルシーのレジェンドで、現在はアストン・ヴィラのアシスタントコーチを務めるジョン・テリー。プレミアリーグ優勝5回に加え、2011/12シーズンにはCLを勝ち獲るなどファーディナンドに劣らない実績を残したが、得票率は19%でファーディナンドの後塵を拝する結果となった。

3位にはリヴァプールのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク(28歳)がランクイン。トップ5の中で唯一、現在もプレミアリーグで活躍するファン・ダイクは、2018年1月に当時のDF史上最高額となる7500万ポンド(約100億円)でリヴァプールに加入。すぐさまレギュラーに定着すると、2018/19シーズンのCL制覇に大きく貢献した。20年ほど活躍した前二者と比べるとプレミアリーグ歴は5年と浅いものの、そのインパクトは十分だったようで全体の16%の票を集めた。

なお、4位にはトニー・アダムス(元アーセナル)、5位にはヴァンサン・コンパニ(元マンチェスターC)がランクインしている。

「プレミア史上最高のDF」のランキングは以下の通り。
1. リオ・ファーディナンド(30%)
2. ジョン・テリー(19%)
3. フィルジル・ファン・ダイク(16%)
4. トニー・アダムス(13%)
5. ヴァンサン・コンパニ(9%)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています