Shooty

再開決定のプレミアリーグ、初めてだらけのライブ放送へ

Footmedia

2020/06/01 07:50

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

6月17日(水)に再開することが発表されたプレミアリーグは、限られた時間の中で未消化の92試合をこなしていく。当然、試合は全て無観客だ。そのため全92試合が生中継されることに決まった。

政府の意向でイギリス国営放送『BBC』でも4試合が生放送されることになった。1992年に発足したプレミアリーグにおいて、地上波でのライブ放送は今回が初めて。『BBC』がイングランドトップリーグを生中継するのは実に32年ぶりとなる。

デジタル・文化・メディア・スポーツ相のオリヴァー・ダウデン大臣は会見で、6月から無観客でのスポーツの開催を解禁すると宣言した。プレミアリーグの放送については、「リヴァプール対エヴァートンのダービーマッチを含め、残り試合の3分の1が無料放送になる。初めてBBCでもプレミアリーグが生中継される」と言及。

同大臣が再開の条件に挙げていたのは「一部の無料放送」と「収益をフットボール界全体で分配する」ことだった。「トップリーグを再開することで、地域社会の礎となる下部リーグのクラブにも資金が回る。2つの条件が満たされるため、ここで正式に宣言する。フットボールが戻ってくると。」

一方で「土曜日の15時」も解禁される。イングランドでは伝統的に土曜日の15時にリーグ戦が行われるが、1960年代からは観客数の低下を危惧して土曜日の14:45~17:15の時間帯は英国内でTV中継が禁止されてきた。しかし今回の無観客での開催に伴い、15時枠も解禁される。

それだけではなく92試合のうち64試合をライブ中継する『Sky Sports』は、同局としては初めて無料放送すると発表した(25試合)。これで英国のファンは、スタジアムには入れないが、より多くの試合を楽しむことができるだろう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています