Shooty

ウーデゴールの来シーズンはどうなる?

KOFA

2020/05/31 10:15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

ノルウェー代表MFマルティン ウーデゴールの将来はジダン監督のプラン次第のようだ。

レアル・マドリードからレアル・ソシエダにローン中のウーデゴールは、今シーズンはここまで公式戦28試合に出場して7ゴール8アシストを記録している。

ウーデゴールのローン期間は今シーズン終了までとなっている。
レアル・ソシエダに来シーズンも残るかどうかの決定は5月末までに行われるはずだったが、コロナウィルスの影響により6月以降にずらすことを余儀なくされている。

レアル・ソシエダのロベルト オラベSDは、ウーデゴールの残留について、「私は比較的楽観的だ。彼を引き留めるために、レアル・マドリードとの話し合いは進行中だ」とコメントしている。

レアル・マドリードは4月上旬に『アス』が報じていたように、ウーデゴールの復帰を望んでいる。
しかし、レギュラーとしてプレーすることを望む同選手の意向をまずは優先させる考えのようだ。

ジダン監督が、ウーデゴールのことを中盤の6番手としてしか見ていないとすれば(カゼミーロ、クロース、モドリッチ、バルベルデ、イスコに次ぐ)、レアル・マドリードはウーデゴールをもう1年レアルソシエダに残してレギュラーとしてプレーさせることを選択すると見られている。

モドリッチは20/21シーズン終了後にレアル・マドリードを離れることが予想されているため、ジダン監督の下でのウーデゴールの将来は、その時にはより明確になる可能性がある。

なお、レアル・マドリード上層部は、ジダン監督が来シーズンはBチーム時代の教え子であるウーデゴールを積極的に起用していきたい考えだと見ているようだ。

これからシーズン終了までのレアル・マドリードの成績は、ウーデゴールの将来にも影響を与えるだろう。
もし再開後に、ラ・リーガとチャンピオンズリーグのいずれかで優勝できなかった場合、ウーデゴール同様に、ハキミ(ドルトムント)、ダニ・セバージョス(アーセナル)、レギロン(セビージャ)、久保建英(マジョルカ)らのローン選手を呼び戻すことでチームをリフレッシュさせるプランが実行される可能性は低くなると見られている。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています