Shooty

ミランが劇的勝利で伊杯準決勝ユーベ戦へ! チャルハノール2発で再逆転、イブラがダメ押し弾

編集部

2020/01/29 21:37

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

イブラ2020伊杯準々決勝ゴール.jpg

[1.28 コッパ・イタリア準々決勝 ミラン4-2(延長)トリノ]

 コッパ・イタリアの準々決勝が28日に行われた。ミランはホームでトリノと対戦し、2-2で迎えた延長戦の末、4-2で勝利。2月11日の準決勝ではユベントスと相まみえる。

 26日に急逝した元NBAスターのコービー・ブライアント氏のために両チームともに喪章を巻いて臨んだ一戦。ミランは前線にFWクシシュトフ・ピョンテクとFWアンテ・レビッチを起用した。FWズラタン・イブラヒモビッチはベンチスタートとなった。

 2020年の公式戦5試合を4勝1分と無敗で進んでいるミランは、その勢いのまま前半12分に先制点を挙げる。レビッチがPA左の深い位置までドリブルで進み、中央に折り返すと、最後はMFジャコモ・ボナベントゥーラが押し込んだ。

 しかしトリノはDFグレイゾン・ブリーマーが躍動。前半34分にスルーパスに反応すると、PA右から冷静にゴールを流し込んだ。1-1の同点となり、前半はそのまま両者拮抗状態で折り返した。

 ミランは後半20分にピョンテクに代えてイブラヒモビッチを投入。しかし次に得点を挙げたのはトリノだった。同26分、左サイドからのインスイングのクロスをブリーマーが頭で合わせ、2-1と逆転に成功した。

 追いかけるミランは後半31分にボナベントゥーラに代えてFWラファエル・レオンを、同37分にはMFラデ・クルニッチに代えてMFハカン・チャルハノールを出場させる。すると後半アディショナルタイム、ミランは劇的な展開を迎える。

 左サイドのロングスローからPA内のMFサムエル・カスティジェホがPA手前に落とすと、最後はチャルハノールが得意の右足を一閃。鋭い弾道は相手DFに当たって軌道を変えながら、豪快にゴールに突き刺さった。

 試合は2-2で延長戦となり、両者は激しい攻防の繰り返しに。そのまま延長後半に折り返すと、開始早々にミランが再逆転弾を決める。途中出場のMFフランク・ケシエのパスからチャルハノールが左サイドを抜け出し、PAライン上から左足シュート。GKサルバトーレ・シリグに触れられるも、ボールはそのままゴール右隅に吸い込まれた。

 3-2としたミランはさらに2分後、右サイドからのパスをレオンが落とし、最後はPA中央でイブラヒモビッチが右足シュート。ダメ押しの4点目で試合を決着させた。

 ミランが4-2で死闘を制して準決勝に進出。公式戦5連勝でチームは好調を維持している。

(転載元)1/29(水) 11:32配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200129-43477676-gekisaka-socc

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています