Shooty

“キング・カズ”もお手上げ…エジブトで75歳の最年長プロサッカー選手が誕生

編集部

2020/01/24 18:14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

エジプト75歳サッカー選手.jpg


日本サッカー界が誇るレジェンド選手であり、今シーズンは明治安田生命J1リーグでプレーするFW三浦知良。52歳で迎えるシーズンは世界中から注目を集めていた中、それを遥かに凌駕する最年長選手が誕生した。

「フィジカル強化=短命化」53歳でのJ1挑戦を控えるキング・カズは稀有な存在

イギリス『talkSPORT』によると、エジプト3部のクラブがエズ・アル=ディン・バハダーと契約を結んだとのこと。その年齢は75歳であり、キング・カズを23歳も上回る現役最年長選手となった。

契約を結んだのは“6th October”と呼ばれるクラブ。エジプトのギーザ県にある「10月6日市」という都市にあるクラブだ。1973年10月6日に開戦した第四次中東戦争の「勝利」を記念して名付けられた都市名であり、少々変わっている。

もちろん、この記録はギネス記録となり、これまで2019年4月にイスラエル4部のイロニ・オル・イェフダに所属していたイサック・ハイク氏の73歳だった。

エジプトサッカー協会(EFA)は、公式フェイスブックで「今日、エジプトサッカー協会は、冬の移籍期間中に世界最年長のプロ選手を登録した」と投稿している。

この記録を抜くには、キング・カズも20年以上稼働する必要があるが、その国のトップリーグでプロ選手としてプレーする最年長の座は守れそうだ。

1/23(木) 12:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200123-00368829-usoccer-socc

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています