Shooty

恩師の元へ。セレッソ大阪へ移籍したMF水沼宏太のこれまでの歩み

238

2017/01/19 22:30

2017/02/01 20:38

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

2016シーズン明治安田生命J1リーグを年間総合順位9位で終えたFC東京。同シーズンから「タイトルを獲得するため」と世代別代表時代の恩師である城福浩監督が率いるFC東京に4シーズン過ごしたサガン鳥栖からの完全移籍での加入となった水沼宏太。しかし、城福監督解任の煽りを受け、公式戦19試合1ゴールと満足のいく結果を残すことが出来たとは言えませんでした。
そんな水沼選手が、2017年シーズンより、サガン鳥栖時代の恩師である尹晶煥(ユンジョンファン)監督が就任したセレッソ大阪へ1年間の期限付き移籍が発表されました。
復活を懸けた水沼宏太選手の経歴をみてみましょう。


by Jleague.jp

父親は元日本代表の水沼貴史氏。挫折も経験し再起を懸けて新天地へ。


by imgrum

2017年シーズンよりセレッソ大阪へ期限付き移籍が決定した水沼宏太選手。中盤での豊富な運動量、また正確なプレースキックを武器とした中盤のダイナモの水沼選手の簡単なプロフィールを紹介します。

プロフィール

水沼宏太(みずぬま・こうた)選手
神奈川県出身
在籍クラブ:あざみ野FC→横浜F・マリノスジュニアユース→横浜F・マリノスユース→横浜F・マリノス(2008〜2012)→栃木FC(2010年7月〜2011 期限付き移籍)→サガン鳥栖(2012 期限付き移籍)→サガン鳥栖(2013〜2015 完全移籍)→FC東京(2016〜)→セレッソ大阪(2017〜 期限付き移籍)

父はかつて金田喜稔氏や木村和司氏らと共に日産自動車サッカー部(現横浜F・マリノス)の黄金期を築いた水沼貴史氏。華麗なドリブルやピンポイントクロスを武器に日本代表としても活躍し、日本サッカー創成期を支えた選手の1人です。

父がかつて在籍していた横浜F・マリノスの下部組織からトップチームに昇格。各世代別の日本代表にも選出され、2007年に韓国で開催されたFIFAU-17ワールドカップではキャプテンを務め3試合に出場し、U-21日本代表では背番号「10」を背負い2010年に行われたアジア競技大会で金メダル獲得に貢献。将来ロンドンオリンピックへの出場はもちろん、父親である水沼貴史氏が辿ってきた日本代表への選出を期待せずにはいられませんでした。しかし、まさかのロンドンオリンピックサッカー日本代表メンバー落選。皮肉にもロンドン大会で日本代表は4位という好成績を収めます。

その一方で、2012年シーズンはJ2から昇格し、J1初参戦のサガン鳥栖をACL(アジアチャンピオンズリーグ)出場まであと1歩と迫る5位へと導く立役者として公式戦38試合出場7ゴールの納得のいく結果を残しました。その後3シーズンをサガン鳥栖で過ごし、2016年タイトル獲得を目指してFC東京へ完全移籍を果たします。しかし、世代別代表での恩師である城福宏監督の解任もあり、十分な出場機会を得ることが出来ませんでした。

そして、2017年シーズンは、サガン鳥栖時代の恩師である尹晶煥新監督を迎えるセレッソ大阪に期限つき移籍が発表されました。持ち前のハードワークで輝きを取り戻せることが出来るのか。水沼選手の活躍が期待されます。

次ページ:セレッソ大阪で求められる選手像【動画有り】

1 2

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で