Shooty

リヴァプールvsマンチェスター・シティ 期待点、プレミアリーグの戦術トレンド、グアルディオラの将来

ぱこぱこ・へめす

2017/01/06 22:05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

リヴァプールの守備ブロックとコントロール

リヴァプールはいつもの通り、非ポゼッション時に強度の高いコンパクトな4‐3‐3の陣形を敷きました。フィルミーノがまずプレッシングを仕掛けてボールをサイドへ促し、シティのボール循環の選択肢を減らすためにDFラインを通じて逆サイドに展開されないようにします。両ウイングであるララーナとマネは、ハーフスペースをさらにブロックするために、通常よりも内側にポジショニングしていました。インサイドハーフのジャンとワイナルドゥムは中盤のフェルナンジーニョとトゥーレに対してかなりマンマーク気味に守備をし、シティに外へのボール循環を促し中央へボールを配給できないようにしました。ヘンダーソンは中盤をコントロールするためにインサイドハーフのペアの後方にとどまり、中盤のラインを突破された時にすぐにカバーリングできるようにボールサイドの10番の選手、すなわちシルバとデ・ブライネのどちらかに近づいて対応していました。この時の問題点は、リヴァプールの逆サイドのインサイドハーフがあまりにもマークしている相手に付いていってしまうと、ヘンダーソンが孤立してしまい、逆サイドのハーフスペースが空いてしまうということです。試合の立ち上がりの段階では、ジャンとワイナルドゥムによるマンマークでの守備によってシティはリヴァプールのプレッシングを対角線に回避することができました。


by Spielverlagerung.com

上図はシティが狙い通りにプレッシングを回避できた場面です。しかしながら、これはとてもレアで、前半のほとんどの間、リヴァプールはボールが守備ブロックの中に通されないようにするために、強固なブロックを形成してシティのボール循環をうまくコントロールしました。ストーンズが中央でボールを持った時、ララーナとマネはそれぞれハーフスペーススクエアに位置するシルバとデ・ブライネへのパスをブロックするために少し内側に絞ってパスコースを消しました。


by Spielverlagerung.com

ララーナとマネは常にパスコースを直接塞いでいるわけではありませんでしたが、彼らはいくつかの方法でこれらのパスを防ぐのに効果的でした。まず、より低い位置に下がって内側に絞ることによってパスコースをできるだけ狭めることができ、パスをインターセプトできる可能性が高まります。さらに、彼らの絞り込む動きは、相手が縦パスにチャレンジした場合同じ方向に移動し続けるだけで済むため、パスをインターセプトするのがより簡単になります。この動きは、一時的にサバレタやオタメンディへのプレッシングがかからないことを意味しますが、シティの両脇のセンターバックがボールを受け取ると、彼らはプレスに前進します。この動きと相手への接近により、彼らはより大きな“背後のカバーリング”を与えられ、つまり、彼らが空けたばかりのスペースへのパスを同時に防げることを意味します。

この優れた守備コントロールは、時には明らかに不正確で、あるいはタイミングの悪いより直接的なロングボールを促されオフサイドの餌食となりました。

マンチェスター・シティのハーフスペースへのボールの配給

前半終了が近づくにつれて、マンチェスター・シティは、特に左サイドで徐々にハーフスペースを突破できるようになっていき、これにはいくつかの要因がありました。1、2回はリヴァプールがまだ守備の陣形に移行している途中で一時的にパスコースをブロックするコンパクトさに欠けており、トランジションを利用することができました。いくつかの機会に、特にマネの守備の対応の悪さを利用することができました。ボールを基準とした以降中には、ミッドフィールダーはこの移動を視線を配りながら調整することがしばしば要求され、パスコースを遮るポジショニングをし、ボール保持者の視野を確認して次のプレーを把握しなければなりません。これはもちろん、達成するのはかなり複雑な作業です。従って、移動の後にマネのミスが発生したことは驚くことではありません。このような状況では、マネは彼の背後の状況を確認することができなかったため、以前のようにシルバへのパスコースをブロックしたり限定したりするためにポジショニングを調整できませんでした。ワイドな位置にダイナミックに移動するのに加えて、マネは中央へ絞り込んで、反応しパスをインターセプトするのにより時間がかかってしまうことを意味します。

シティーのプレッシング回避を助長したもう一つの要因は、シルバとデ・ブライネへの対角線のパスコースをブロックされないように、中盤のペアからのポジショニングを改善したことでした。シティはリヴァプールの中盤のラインラインを越えてますますボールを前進することができましたが、シティはリヴァプールのゴールに向かって直接前進していくための深さに欠けていました。しかしながら、それによってシティはリバプールをより低い位置に押し下げてより高い位置から攻撃することができるようになりました。これらのチャンスの多くは、テクニックのミスによって浪費され、シティは攻撃に時間をかけてしまいました。

クオリティーが低かった後半

後半のほとんどの間、リヴァプールはシティのハイプレッシングを誘導し、シティの中盤の後ろのスペースを利用してセカンドボールを回収することで、ディフェンスの圧力を軽減することができました。この方法で、リヴァプールは試合をコントロールし、シティにリードを脅かされないように、シティの陣内でボール保持を維持できるような基礎を作りました。しかしながら、何度かシティの中盤のハイプレッシングによってボールを失い、トランジションでシティにゴールを脅かされるチャンスを与えてしまいました。後半はコンスタントにトランジションが発生したため、リヴァプールはカウンターアタックでリードを2倍にするチャンスが何度もありました。意思決定とプレーの実行の質の低さは、得点だけでなく、良いポジションから実際にシュートへ繋げられなかったことが裏にありました。これは潜在的に、イングランド特有の年末年始の過密スケジュールによりリカバリーのための時間がほとんどない疲労の蓄積の結果であり、リーグトップ3に位置する2チームが低クオリティーな後半を演じたという点が明らかにしています。

まとめ

リヴァプールの素晴らしい守備でのコントロールにより試合の大半を支配することができ、ボール保持時の一貫性によりリヴァプールが勝利を収めることができました。さらに、この結果によりリヴァプールはトップ6との対戦で3勝2敗で無敗のままであり、優勝候補の一角であることを強く示しています。リヴァプールとのアウェイでの負けは恥ずべきことではなく、彼らのインテンシティを上回ることは非常に難しいです。狙っていたスペースにボールを前進できず、危険なエリアでの攻撃を維持できなかったことは、リヴァプールのゴールを脅かすことができなかったシティの敗北の原因でしょう。グアルディオラ監督がシティをレベルアップさせてくれることが期待できますが、シティのファンはリーグタイトルを手にするために手遅れにならないことを期待しています。

次ページ:プレミアリーグの戦術トレンド

1 2 3

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう