Shooty

開幕13戦無敗の8連勝中!ブンデス首位を快走する昇格組=RBライプツィヒの強さは本物か?

hirobrown

2016/12/07 23:30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

 今季のドイツ・ブンデスリーガ1部で大きな異変が起きています。

 昨季ブンデスリーガ史上初の4連覇を果たし、5連覇も容易と思われた絶対王者=バイエルン・ミュンヘンを差し置き、すでに中盤戦に差し掛かるこの時期に首位に立っているのは、今季初めて1部リーグに昇格してきたRBライプツィヒ。

 先週末に迎えた第13節では、ホームに公式戦12戦無敗と完全復調した強豪シャルケを迎え、「12試合負けなし同士の好調対決」も2-1と制しました。これで実に10勝3分の無敗という圧倒的な成績を残しており、現在は8連勝の真っただ中。

 開幕から13試合で勝点33を記録したチームは過去のブンデスリーガには10チームありますが、そのうちの9チームが優勝しています。

 実に『優勝確率9割』という脅威の昇格チーム=RBライプツィヒ、とはいったいどのようなクラブなのでしょうか?

01_%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%84%e3%82%a3%e3%83%92現在8連勝中で開幕から13戦無敗を続けるRBライプツィヒ。過去のデータでは優勝確立9割とも言われる圧倒的な成績を残している。by meczelive.tv

昇格組の記録を次々と塗り替え、優勝確立9割?

 ブンデスリーガの歴史において、2部からの昇格組が初年度に優勝したのは、今から19年前のシーズンとなる1997-1998のカイザースラウテルンのみ。

 昇格チームの優勝が起きる絶対条件ともなりそうなのが開幕からのスタートダッシュですが、当時の彼等も開幕9試合で勝点21のスタートでした。また、ブンデスリーガで昇格組の開幕からの無敗記録は、1993-1994シーズンのデュイスブルクによる10戦無敗。ライプツィヒはこれらを上回る記録で首位を快走しています。
 
 加えて、カイザースラウテルンは1990-1991シーズンにも1部リーグ優勝を飾るなど、4度の国内1部リーグ制覇の経験がある名門クラブでもあるのに対して、ライプツィヒは今季が初の1部昇格クラブです。

 現在のライプツィヒに近い現象が起きたのは、2008-2009シーズンに初めて1部昇格を果たしたホッフェンハイム。当時、前半戦を11勝2分4敗で首位ターンして「秋の王者」となったクラブを率いていたのは、昨季限定でライプツィヒの指揮を執り、2012年以降はライプツィヒの「スポーツディレクター(以下SD)」としてクラブの強化に携わっている、ラルフ・ラング二ック氏。

 面白い事に、今季ここまで13節を消化したブンデスリーガには無敗を守るチームがライプツィヒの他にももう1チームあり、それがホッフェンハイムです。今年2月に28歳で「ブンデスリーガ史上最年少監督」となったユリアン・ナーゲルスマン監督が就任した事でも話題になりました。

関連記事

若すぎ!ブンデスリーガで28歳の史上最年少監督が誕生。どんな人?

2009年のレッドブル社による買収で誕生したRBライプツィヒ

02_%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%84%e3%82%a3%e3%83%92このラングニック氏が提唱するサッカーや哲学に共感した若手精鋭集団がRBライプツィヒだ。by 1860 München

 そんなRBライプツィヒの本拠地であるザクセン州・ライプツィヒは、ドイツ国土の中でも東の端にあり、南にチェコ、東にはポーランドが隣接する旧東ドイツ圏の美しい街にあります。

 実は旧東ドイツ圏のクラブでブンデスリーガ1部に在籍するのは、2009年に2部へ降格したエネルギー・コットボス以来7年ぶりになります。

 ただ、現在のRBライプツィヒは、2009年に当時5部リーグに所属していたSSVマルクランシュタットというクラブのライセンスを、世界的飲料メーカーのレッドブル社が買収して誕生した創設8年目の超新興クラブ。実に7年で4度の昇格を経て1部に昇格して来ました。

 また、「親会社やその商品名をクラブ名に入れてはいけない」というドイツサッカー協会の原則がある事から、クラブ名の『RB』は、『RasenBallsport』という『芝生の上の球技』の略。とはいえ、レッドブルの略称を事実上クラブ名に示しつつ、「20年以上クラブを保有していないクラブオーナーは、最高でも49%までしかクラブのオーナーシップを保有できず、最低でも7名(7社)がオーナーシップを共同保有しなければならない。」という外資参入を防ぐ『50+1ルール』に対しては、オーナーではなく保有権を一部持つスポンサーの形を取り、巧みに規則抵触を回避しています。

 また、レッドブル社はライプツィヒ以外にも、オーストリアのレッドブル・ザルツブルク、アメリカのニューヨーク・レッドブルズ、ブラジルのレッドブル・ブラジルも運営しています。

次ページ:ラングニックのメソッドと哲学による『世界最高の育成型クラブ』

1 2

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう