Shooty

本田圭佑の「復活」を期待して

ぱこぱこ・へめす

2016/12/05 21:32

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

11月15日のサウジアラビア戦をもって2016年の日本代表の試合は終了しました。次回は来年の3月23日まで期間が空くことになります。まずはハリルホジッチJAPANのこれまでの戦績と今後の予定を確認してみましょう。

%e7%94%bb%e5%83%8f1by Football LAB

%e7%94%bb%e5%83%8f2by JFA

2016年の日本代表を振り返ると、主力選手に変化が起きています。ACミランの本田圭佑選手はチームで出場機会を得られず代表でもこれまでの絶対的な存在からベンチスタートの試合も増えるなどの状況です。今冬に移籍するという噂も多く、移籍先として中国のクラブがオファーを出している模様です。ドルトムントの香川真司選手は定期的に出場機会を得ているものの安定してスターティングメンバーに名を連ねることができていません。セビージャの清武弘嗣選手は開幕時こそアシストなどの記録を重ねていたもののナスリ選手の加入後はベンチを温めている状況です。一方でヘルタ・ベルリンの原口元気選手はチームで安定してピッチに立っており代表でも絶対的な存在へと変わりました。

今回は最近の本田圭佑選手のピッチ内外での状況を振り返るとともに、「復活」を期待してエールを送りたいと思います。

「ベテラン」の向き合い方

一般的に、サッカー選手は20代後半でピークを迎えると言われています。年齢を重ねるとともに経験を重ねることと、20代後半から身体的な能力が落ち始めることが理由ですが、必ずしもそれが全ての選手に当てはまるわけではありません。また野球の話ですが、先日イチロー選手が未だに足が速くなっているという発言をしており、身体能力の低下についても単純に鵜呑みにしたくありません。

さて本田圭佑選手は現在30歳です。本田選手がまだ可能性を秘めているとはいえ、すでに「ベテラン」と呼ばれる域に入っております。上の動画で見てもらえばわかる通り、これまでの上り調子であった頃と比べると現在のプレーに勢いがないことがわかります。特に現在は右ウイングのポジションで、タッチライン際でのプレーのためスピード感の欠如が如実に見て取れます。

フリーライターの杉山茂樹氏はピーク時に現役引退を決意した中田英寿氏と、49歳の現在もなお現役として活躍をしている三浦知良選手を引き合いに出しながら本田選手のプレーを批評しています。もしピーク時の引退という考え方であれば恐らくブラジルワールドカップのタイミングということになるのでしょう。本田選手はそれをせずにロシアワールドカップを目指すという判断をしました。

上の動画は東日本大震災チャリティーマッチでの三浦知良選手のゴールです。ともに戦っていた解説者によると、裏への抜け出しのスピードが今まで見てきた中で最も速かったとのことでした。もちろんこれは主観ですので本当のところはわかりませんが、40歳を超えても進化し続けられるということです。しかし、皆さんも知っているでしょうが、毎年シーズン前から1人でトレーニングを積むなど、簡単ではないことも事実です。

さて筆者の個人的な感想ですが、今シーズンの本田選手は心肺機能が低いような気がします。原因としてはメンタル面の問題かトレーニング不足が考えられます。メンタル面に関しては、これまで世界一のサッカー選手になる、ワールドカップで優勝するなどビッグマウスを続けてきましたが、最近ではあまり聞かれなくなりました。キャリアの終わりを意識してしまい、これまでのようにうまく気持ちを奮い立たせるのが難しくなってきたのかもしれません。また、今夏のシーズンオフに十分なトレーニングを積めていないことも考えられます。次のセクションで触れますが、「経営者」としてあちこちに顔を出していたため移動の疲れやトレーニング不足などがあったかもしれません。

次ページ:「経営者」本田圭佑

1 2

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう