Shooty

4強を崩せるか?!日本代表のサイドバックに推したい注目4選手

k.k

2016/12/04 22:42

2016/12/05 00:09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

2018年のロシアワールドカップのアジア最終予選を戦っている日本代表。そんな日本代表で心配の声があがっているのがサイドバックの人材不足。

そこで今回は、これまで長友佑都選手、内田篤人選手、酒井高徳選手、酒井宏樹選手の海外勢4強が占めていた日本代表のサイドバックに入ってきて欲しい期待のサイドバックをご紹介します。

左サイドバックにはこの2人!

サガン鳥栖 吉田豊選手

%e6%9c%9f%e5%be%85%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%83%e3%82%af1
by SAGANTOSU-Official BLOG

1人目はサガン鳥栖所属の吉田裕選手です。特徴は、身長168cmと小柄ながらフィジカルが強いこと。『デュエル』を重要視するハリルホジッチ監督の基準も充分に満たす1対1の勝負強さがあります、

また上下動をくり返すことができる運動量の豊富さ、そして左右両足を使うことができ、左右の両サイドバックをこなすことができます。

その特徴からポスト長友選手とも呼べる吉田選手。2018年には28歳とプレイヤーとしても一番魅力的な時期を迎え、来シーズンの活躍に注目です。

プロフィール

・吉田 豊(よしだ ゆたか)選手
・1990年2月17日生まれ
・サガン鳥栖所属
・静岡県富士宮市出身
・168cm/66kg
・SB

FC東京 小川諒也選手

%e6%9c%9f%e5%be%85%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%83%e3%82%af2
by 速報!サッカーEG

2人目はFC東京所属の小川諒也選手です。小川選手の1番の特徴は利き足である左足から繰り出されるキック精度の高さです。その精度の高さからフリーキックを任されることもあり、現在はオランダ・フィテッセで活躍する元FC東京の太田宏介選手を思い起こさせます。

また、180cmと身長が高く、セットプレーでの守備などにも強みを発揮できるのもポイントです。

2016年はプロ2年目ながらJ1で18試合、FC東京U-23としてJ3で14試合に出場するなど多くの試合経験を積んだ小川選手。今後の伸びに大きな期待を抱く選手です。

プロフィール

・小川 諒也(おがわ りょうや)選手
・1996年11月24日生まれ
・FC東京所属
・東京都出身
・180cm/75kg
・SB

次ページ:右サイドバックにはこの2人!

1 2

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう