Shooty

6試合連続アベック弾となるか?!清水エスパルスの強力2トップ鄭大世と大前元紀に注目!

尾谷 萌

2016/11/05 22:50

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

強靭なフィジカルを活かしてゴールを量産する鄭大世選手

02_%e9%84%ad%e5%a4%a7%e4%b8%96by 日刊スポーツ

最終節まで3節を残し、現在24ゴールをあげている鄭大世選手。昨年のJ2得点王であるジュビロ磐田FWジェイ選手の22ゴールを上回る圧倒的な得点力でチーム得点王に輝いています。もちろんJ2得点ランキングも堂々の1位!
「人間ブルドーザー」とも称された強靭なフィジカルを活かしゴールを量産している鄭大世選手は、第39節、対京都サンガとの試合でも見事なボレーシュートを決めています。


第39節、対京都サンガ戦での見事なボレーシュート!!


第36節、対ツエーゲン金沢戦での打点の高いヘディングシュートでチームを勢いづかせます。

関連記事

J2でゴール量産中!清水エスパルス鄭大世選手のこれまでの歩み

精度の高いシュートが特徴の大前元紀選手

03_%e5%a4%a7%e5%89%8d%e5%85%83%e7%b4%80by J’s GOAL

今シーズンは開幕当初から鄭大世選手とともにゴールを量産してきた大前選手。しかし、6月8日に行われた第17節、対町田ゼルビア戦で全治3ヶ月の怪我を負い離脱を余儀なくされます。9月11日の第31節、対モンテディオ山形戦で約3ヶ月ぶりにピッチに戻ってきた大前選手は、後半32分に途中出場。交代直後にドリブルで持ち込んで相手DFのファウルを誘うと、自らFKのキッカーを務め、直接FKで見事復帰ゴールを決めます。復帰後もコンスタントに得点を重ね、チーム内得点数は2位と3ヶ月間のブランクを感じさせない活躍ぶりです。


第31節、対モンテディオ山形戦で見せた見事な復帰ゴール。


ベストゴールにノミネートされた第38節、対ザスパクサツ群馬戦でのゴール。

関連記事

J1復帰を背負った王国の10番!清水エスパルスFW大前元紀のキャリア

清水エスパルスがこのまま好調をキープできるかは、この2人の活躍に掛かっているといっても過言ではありません。2人の連続アベックゴール記録はどこまで伸びるのか?!両選手の活躍に期待です!!

1 2

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています