Shooty

6試合連続アベック弾となるか?!清水エスパルスの強力2トップ鄭大世と大前元紀に注目!

尾谷 萌

2016/11/05 22:50

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

J2リーグは残り3節。J1自動昇格圏となる年間勝点2位以内は、コンサドーレ札幌、松本山雅FC、清水エスパルス、セレッソ大阪の4チームに絞られました。熾烈な昇格争いが繰り広げられる中、現在6連勝と勢いに乗るJ2清水エスパルスは、2トップのFW鄭大世選手とFW大前元紀選手が5試合連続アベック弾を決めていることで注目を集めています。清水エスパルス好調の原動力ともなっている強烈2トップ鄭大世選手と大前選手を紹介します。

01_%e9%84%ad%e5%a4%a7%e4%b8%96_%e5%a4%a7%e5%89%8d%e5%85%83%e7%b4%80
by J’s GOAL

通算ゴール数はリーグトップの79ゴール!圧倒的な攻撃力を持つ清水エスパルス

J2リーグ第39節を終え6連勝中の清水エスパルスは、現在勝ち点75の3位に位置しています。2位の松本山雅(勝ち点78)との勝ち点差は3で、J1自動昇格の可能性は十分に残っている状況です。清水エスパルスの特徴は、なんといっても爆発的な攻撃力。現在までの通算ゴール数はリーグトップの79ゴールで、勝点1位のコンサドーレ札幌(通算ゴール数62)を大きく引き離しています。その中でも鄭大世選手は24ゴール、大前選手は18ゴールと2トップが抜群の得点力を誇り、好調のチームを牽引しています。

次ページ:鄭大世選手、大前選手のプレーについて【動画あり】

1 2

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう